HOME折りたたみ自転車の選び方・比較・おすすめ > 持ち運び重視の折りたたみ自転車の選び方(携帯・運搬・携行)

持ち運び重視の折りたたみ自転車の選び方(携帯・運搬・携行)

「折りたたみ自転車を車や電車で持ち運び(持ち歩き)、到着した先で折りたたみ自転車に乗る」といった際に、できるだけ持ち運び(携帯性)を重視した折りたたみ自転車にしたいならコンパクトサイズ軽量の折りたたみ自転車が便利です。

コンパクトサイズ

タイヤサイズ

タイヤが小さな自転車の方が、折りたたみ自転車を折りたたんだときに小さくなる傾向にあるので、持ち運ぶことを重視するならタイヤは小さいほうがいいです。

しかし、走る際にあまりにもタイヤが小さいと段差を越えにくいなど、走りにくくなってしまいます。アスファルトなどの整備された平坦な道ならば、10インチを切るようなとてもタイヤが小さな自転車(極小径車)でも走れますが、街中を走るならせめて14インチ以上はあった方がいいでしょう。タイヤのサイズがだいたい24インチ以下のタイヤが小さな自転車を「ミニベロ(小径車)」といいますが、ミニベロで一番多いタイヤのサイズは20インチです。20インチくらいになると、ほとんど問題を感じずに走れると思います。

折りたたみ自転車の走りやすさと折りたたんだ時のサイズとのバランスを考えると、タイヤの大きさは14インチ〜24インチあたりがいいでしょう。

折りたたみ方

また、折りたたんだ時のサイズはタイヤの大きさ以外にも、折りたたみ方にも影響されます。折り畳み方はメーカー(製造会社)や機種によって何種類かありますが、大きく分けて2種類あります。

ハンドルやメインフレーム(フレーム中央部分)などを半分に折りたたんで、折りたたんだ状態が正方形のような形になるタイプと、フレーム中央部分を半分に折りたたまないでハンドルやサドル(イス)を折りたたむなどして、折りたたんだ状態が長方形(横長)になるタイプの2種類あります。

正方形のような形になるタイプは、折りたたんだ際にコンパクトになる傾向にあります。一方で、長方形(横長)になるタイプは、「縦×横×奥行き」の3辺のうち1辺は正方形タイプよりも小さく一辺は大きいなど、形が違うので収納する場所によってコンパクトだと思うタイプは違ってきます。また、長方形タイプは走行性能を重視しているものや、タイヤがとても小さく折りたたんだ際にとてもコンパクトになるもの、折りたたみ方が簡単なものなど特殊なものがあります。

関連ページ


軽量

持ち運ぶ場合は、当然ですが重量は軽い方がいいです。折りたたみ自転車は持ち運んだり、車のトランクなどに上げ下げしたりすることがあるでしょうから、軽さは重要です。

折りたたみ自転車の重量

最軽量の折りたたみ自転車だと約6kg〜7kgほどですが、これくらい軽いものはとても高額(30万円弱)か、とてもタイヤが小さい(10インチ以下)です。

ほとんどの折りたたみ自転車は10kg前後です。折りたたみ自転車の重さは、街乗りタイプもスポーツタイプも9kg前後から12kgくらいに集中しています。軽さと走りやすさのバランスを考えるとこのあたりが妥当です。

もちろん、段差のない道をのんびりと走るなら10インチ以下のタイヤが小さな自転車でもいいと思います。

他にも、価格が1万円前後のとても安いものや、26インチなどのタイヤが大きいものは重さが15kg前後になります。

重さに対する考え方

折りたたみ自転車の重さに対する考え方は、折りたたんだ際にどのように移動させるかによります。

車のトランクなどに収納するために持ち上げる程度なのか、駅や空港など長い距離を持って歩くのかなど、折りたたんでどれくらいの距離を持ち運ぶのかによります。さらに移動する人の体力や筋力によっても変わってきます。

なお、折りたたみ自転車の中には、スーツケースのように転がして運べるものもあります。これだと自転車の重さをさほど気にしなくてもいいです。駅や空港などの長い距離を持ち運ぶことがある方にとっては、大変重宝します。

折りたたんだ際にどれくらい移動させるのかを考えた上で、「軽さ」「走行性能」「価格」のバランスを考慮して折りたたみ自転車を選ぶといいと思います。


自転車の軽量化

自転車の重さは軽量な方がペダルも軽く、軽快に走れます。車体が軽いとタイヤが転がるときの抵抗など走行抵抗が減り、ペダルが軽くなるため走りが軽快になります。折りたたみ自転車に限らず、自転車は軽量な方が走りやすくなります。これは車にも言えることです。車も軽量な方が燃費が良くなります。

このようにいいことずくめの軽量化ですが、軽量化には欠点もあります。

高額

まず、自転車の軽量化にはフレームなど使用するパーツ(部品)を軽くするため、軽い素材を使用します。しかし軽い素材というのは高額です。さらに、フレームやギアなどのパーツの中で必要のない部分を取り除いたり薄くしたりすることでも軽量化します。この作業は難しく、高度な技術を要します。そのため、パーツの製作には労力と時間がかかり費用もかかるため、パーツは高価になります。この結果、軽量化された自転車の価格が高くなります。

装備

泥はねを防ぐ「泥よけ(フェンダー、マッドガード)」、ズボンの裾(すそ)の汚れなどを防ぐ「チェーンカバー(ギアカバー、ギアガード)」、駐輪時に自転車が倒れないように支える「スタンド」といった自転車の日常利用には便利な装備(パーツ)をつけないことでも軽量化を図ります。スポーツタイプの自転車には、これらの装備がないことが多いです。軽量化することで走行抵抗を減らし、走ることに特化するための工夫です。

このように、軽量化にはそれ相応のデメリットもあるので、自転車をどのように利用するかを考えて選ぶといいでしょう。

推進力(伝動効率)

ちなみに、「走行抵抗」のことを挙げましたが、自転車の走りは走行抵抗以外にも、推進力も大切です。

推進力とは主にペダルをこぐ力の伝動効率のことです。ペダルをこぐ力をいかに無駄なくギア(スプロケット)やチェーンを通してタイヤ(車輪)に伝えて推進力に変えるかが自転車の走りには重要です。これはギアやチェーン、車輪などのパーツが精巧にできているか(細かく正確に作られているか)が大きく影響します。精巧に作られた良質なパーツほど価格は高くなります。

一般的に自転車の車体が軽いと軽快に走れることが知られているため、なかには推進力を犠牲にして軽量化している自転車もあります。価格が安いのに車体が軽いものは、この可能性があります。この場合、車体を軽量化している代わりに車輪やギアなどのパーツの質を落として値段を下げている可能性があるので、注意が必要です。車体が軽くてもパーツの質が悪いと、ペダルをこぐ力が効率よく伝わらず(パワーロスが多い)推進力が弱く、それと同時にギアや車輪の回転時に余計な抵抗が発生して結果的に軽快に走れなくなります。

こういった折りたたみ自転車は「のんびり走る程度だから走行性はそこそこで構わず、持ち上げるときの負担を減らして値段もおさえたい」という場合にはお得でしょうから、必ずしもダメな自転車ということにはなりません。

このように、単純に車体の軽さだけを考えればいいというわけではなく、目的に応じて「軽さ」「走行性能」「価格」のバランスを考えて選ぶといいでしょう。




HOME折りたたみ自転車の選び方・比較・おすすめ > 持ち運び重視の折りたたみ自転車の選び方(携帯・運搬・携行)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。