HOME11kg〜15kg(軽量15キログラム以下) > STRiDA EVO / STRiDA EVO Limited Edition 解説

STRiDA EVO / STRiDA EVO Limited Edition 解説

strida evo 2016年モデル マットブラック(黒)
  • 三角フレームが特徴「ストライダ」の、変速機つきモデル。内装3段変速。18インチタイヤ。
  • スピードは、ママチャリと同じくらいか遅めになるでしょう。
  • 軽快に走れる「軽量」、メンテナンスフリーで走りが軽い「ベルトドライブ」により、軽快な走りになるでしょう。
  • 工具不要で、簡単に折りたためます。折りたたみ状態で転がして移動できます。
  • チェーントラブルが起きにくく、停車中に変速できる「内装変速機」を使用。
  • 体が起きた楽な姿勢(アップライト)になり、景色を楽しみながらのサイクリングに最適です。
製品情報
重さ 13.0kg(EVO)、13.8kg(Limited) タイヤ 18インチ×1.25(EVO)
18インチ×1.35(Limited)
変速 内装3段変速ギア 折りたたみサイズ 約720x1150x270mm
【EVO】マットブラック、ブラッシュ
【EVO Limited Edition】イングリッシュダークグリーン、ブロンズ
装備 ぬれた道路でもブレーキのききがいい「ディスクブレーキ」、「泥よけ」、後ろの荷台「リアキャリア」、「スタンド」、「ギアカバー」

STRiDA EVO(ストライダ エヴォ)

strida evo 2016年モデル マットブラック(黒)
マットブラック
strida evo 2016年モデル マットブラック(斜め)
マットブラック
strida evo 2016年モデル ブラッシュ
ブラッシュ
strida evo 2016年モデル ブラッシュ(斜め)
ブラッシュ
strida evo 2016年モデル 折りたたみ状態
折りたたみ状態
strida evo 2016年モデル ストライダロゴマーク
ロゴマーク

STRiDA EVO Limited Edition(ストライダ エヴォ リミテッド エディション)

strida evo リミテッドエディション 2016年モデル strida evo リミテッドエディション 2016年モデル 斜めの写真 strida evo リミテッドエディション 2016年モデル 折りたたみ状態
折りたたみ状態
strida evo リミテッドエディション 2016年モデル ハンドル
ハンドル
strida evo リミテッドエディション 2016年モデル リアキャリア(後ろの荷台)
リアキャリア
strida evo リミテッドエディション 2016年モデル 折りたたみペダル
折りたたみペダル
strida evo リミテッドエディション 2016年モデル レザーサドル
レザーサドル
strida evo リミテッドエディション 2016年モデル ディスクブレーキ
ディスクブレーキ

スピード(速度、速さ)

タイヤは小さいですが、ペダル側のギア(チェーンリング)が大きいので、ペダル1回転で進む距離が長くなります。ペダルをたくさんこがなくても進むということです。

また、チェーンではなくベルトを使用しています。ベルトドライブです。ベルトドライブは、走りが軽く、硬すぎずちょうどいい踏み心地になります。

車体重量はママチャリの60%ほどしかありません。軽量です。自転車は軽いほど、走り出し、加速、減速、カーブ、上り坂などが、少ない力で済むため、ペダルが軽くなり、走ること全般が楽になります。

≫ 自転車の軽さが走りに与える影響をくわしく

これらのことから、軽快で軽い走りに感じるでしょう。スピードは、ママチャリと同じくらいか、少し遅めになるかもしれません。しかし、街乗りとしては十分なスピードで走れるでしょう。


ストライダは軽快に走れますが、ハンドルの位置が高いので乗車姿勢はアップライト(体が起きた姿勢)になります。また、ペダルの位置が、一般的な自転車よりも前のほうに付いています。

このため、前傾姿勢(前かがみ)になって、ペダルを強くたくさんこいで、スピードを出す走り方には向かない自転車です。楽な姿勢で、自転車を楽しむといった乗り方に適したモデルです。

折りたたみ方法

strida evo 2016年モデル 折りたたみ状態   strida evo 2016年モデル ブラッシュ

チェーンステイ(後輪とペダル側のギアをつなぐ棒。3角フレームの底辺部分)の前方を外します。

前輪と後輪を重ねます。

チェーンステイとシートステイ(後輪とハンドルをつなぐ棒)を重ねます。

ハンドルを折りたたんでロックします。


スーツケースのように、ハンドル部分を持ってタイヤで転がして移動することができます。

↓折りたたみ動画はこちら(下に移動します)↓


折りたたみペダル

このモデルのペダルは「折りたたみペダル」です。

自転車を折りたたむ際に、ペダルも折りたたむことで、よりコンパクトに折りたたむことができます。

軽い走りで、柔らかい踏み心地のベルトドライブ(ベルト駆動)

金属製のチェーンではなくベルトを使用しています。ベルトドライブです。

ベルトドライブのメリット(長所、利点)

走りが軽くなり、トラブルが少ない特長を持っています。

ペダルを踏んだ感覚が硬すぎず、ちょうどいい踏み心地になっています。

チェーンの場合は注油(油をさすこと)が必要ですが、ベルトドライブは注油が必要ないので、メンテナンスが不要(メンテナンスフリー)です。また、油をささないのでズボンの裾(すそ)などがベルトに触れてもオイルで汚れません。

チェーンと比べると、ベルトドライブのほうが駆動音が静かです。

ベルトは金属ではないので錆び(さび)ません。

ベルトドライブのデメリット(短所、欠点)

ベルトが切れた場合、チェーンに比べるとベルトは流通量が少ないので、取り寄せに時間がかかり、修理に日にちがかかることがあります。

トラブルが少ない内装変速機

STRIDA EVO(ストライダ エヴォ)ギアチェンジの方法

↓変速(ギアチェンジ)の動画です

このモデルは「STRIDA(ストライダ)」初の変速機つきのモデルです。内装3段変速です。

ギアチェンジの方法は、ペダル(クランク)を60度ずつ逆回転させることで変速(シフトチェンジ、ギアチェンジ)するキックバック方式です。

3段ギアのそれぞれのギア比(ペダル1回転で進む距離)は、1段目が「78.7%」、2段目が「100%」、3段目が「125.7%」です。

つまり、2段目が100%なので、1段目はペダルが軽いけど78.7%しか進みません。上り坂などを走るときに使います。

3段目はペダルが重いけどひとこぎでたくさん進む(125.7%進む)ということです。平坦な道などでスピードを出すときに使います。

内装変速機は、ギアの切り替えを内部で行うため、チェーントラブルならぬベルトトラブルが、まず起きません。トラブルがまず起きない、快適な変速機です。


ききが強いディスクブレーキ

MECHANICAL DISK BRAKES(メカニカル ディスク ブレーキ)

strida-lt-2014-brake.jpg

ブレーキのききがいい(制動力が強い)、ディスクブレーキを使用しています。

ディスクブレーキとは、車輪の中心部分にあるディスク(円盤)を止めることで動きを止めるブレーキのことです。

ブレーキを利かせるところ(ローターやパッド)が車輪の中央にあり、雨や雪、または泥などの影響を受けにくいので、あまり天気に関係なくブレーキのききがいいことが特徴です。

さらに、メカニカル(機械式)ディスクブレーキなので、比較的メンテナンスが簡単です。

ただし、ディスクブレーキのローター(ブレーキの回転部分)は比較的錆びやすい(さびやすい)ので、外で雨ざらしにせずに、自転車にカバーをかけるか室内保管するのがおすすめです。

もしも、ブレーキのローターがさびてブレーキのききが悪くなったら、自転車屋でブレーキの調整や部品の交換などをしてもらうといいでしょう。


リアキャリア(後部の荷台)

リアキャリア付なので、そこに荷物をくくりつけることもできます。

泥除け(フェンダー、マッドガード)

水たまり等の泥はねを防ぐ泥よけつきです。

身長の適正範囲が広い

適応身長は、145cm〜193cmです。

サドル(イス)の高さが変えられるので、身長に合わせて調節することができます。

身長が低い人から高い人まで適応しています。

まとめ

ストライダ初の変速機付きモデルです。

坂など状況に応じて適したギアを選べます。

タイヤもストライダの中では大きめの18インチを使用しています。

ストライダは、バッグ、ライト、キャリーバッグなど、純正のオプションパーツが数多く用意されています。自分好みの一台に近づけることができます。

↓自転車・オプションパーツの購入はこちら(下に移動します)

STRiDA EVO Limited Edition(ストライダ エヴォ リミテッド エディション)

「ストライダ EVO の限定版」です。

「ストライダ EVO」との主な違いは、色と、ハンドルと、グリップとサドルです。

フレームの色は、濃い緑色をしています。

また、ハンドルバーとリム(タイヤのゴムの内側の金属部分)の色が、ローズゴールデンになっています。

ハンドルは、ママチャリに使われるような「クルーザーハンドル(M型ハンドル)」が使われています。一般的なストライダのハンドルである「フラットハンドル(フラットバー)」と比べて、より直立に近い、体が起きた姿勢(アップライト)になり、楽な姿勢になります。

グリップ(ハンドルの握り部分)とサドル(イス)には、レザー(革)が使われています。見た目に高級感が出ます。

また、レザーサドルには、スプリング(バネ)が付いているので、座り心地が柔らかくなります。「クルーザーハンドル」により、直立に近い乗車姿勢になり、体重の大部分がお尻にかかることになるので、サドルを柔らかくすることでお尻が痛くなりにくい工夫が施されています。

リミテッド エディションはわずかですが、タイヤが太くなっているので(幅が 2.54mm 太い)、クッション性が増し、お尻が痛くなりにくくなっています。

他にも、レザーサドルにはオプション(別売り)の「レザーサドルバッグ」を取り付けることができます。革製のサドルバッグ(イスに付けるバッグ)なので、さらに高級感が出ます。

※自転車に使われている部品類は、改良や新素材の使用などにより、一部仕様変更になる場合があります。


≫ 「STRIDA EVO」 をYouTubeで検索
STRIDA EVO
【映像内容】
走行、変速機の切り替え、折りたたみ動画です。
変速機の切り替え(1:15〜)
折りたたみ(1:55〜)
≫変速機の切り替えのみの動画
  • メーカーの公式動画(映像)です。
  • 年式(〇〇年モデル/発売年)や発売した国によって、デザインや構造が多少違うこともあります。

ストライダ EVO

ショッピングサイトで検索・比較 ショッピングサイトでこの自転車を検索する

ショッピングサイトでレビュー・評価・使用感を見る ショッピングサイトでこの自転車のクチコミ(感想、評判)を見る

注意

自転車は工場で製造した時点では、まだ完成していません。販売店が組み立てと調整を行って完成します。

つまり、同じ自転車でも取り扱いが販売店によって違うので、クチコミや感想も違うものになります。

特に「自転車がガタつく」、「変速機がうまく切り替わらない」、「ブレーキのききが悪い」などの状態は、自転車の組み立てや調整をきちんと行っていない可能性があります。この場合、自転車ではなく、組み立てや調整を行う販売店に問題があるのかもしれません。あるいは、販売店が自転車の組み立ても調整も、まったく行っていないことも考えられます。

自転車のクチコミは、店によって大きな違いがあることも考慮して、参考にしてください。

自転車専門店「サイクルベースあさひ」のネット通販

  • 箱から出したら、すぐ乗れる(組み立て、調整済み
  • 初期点検が、無料で店舗で受けられる
  • ネットのほうが、安くて種類が豊富
  • 店舗で受け取りもできる(送料無料

箱から出したら、すぐ乗れる(組み立て、調整済み)

自転車は、工場で製造した段階では、まだ完成していません。

その後、自転車屋さんが組み立てて、タイヤやブレーキなどの調整を行い完成車(乗れる状態)になります。

初期点検を、無料で店舗で受けられる

自転車はすぐに乗れる状態で届けられますが、目の前で調整や点検をしてもらいたい方は、自転車が届いたら近くのサイクルベースあさひの店舗にその自転車を持って行き、無料で初期点検をしてもらうといいでしょう。

サイクルベースあさひは、全国に400店舗以上を展開する大型の自転車専門店です。ご自宅の近くにも店舗があるかもしれません。

ネットのほうが、安くて種類が豊富

注文後に仕入れ先から取り寄せるので、店で在庫を抱える必要がなく、ネット通販のほうが安い価格で販売ができ、取り扱う商品の種類も多くなります。

店舗で受け取りもできる

ネットで注文した自転車を、近くのサイクルベースあさひのお店(店舗)で受け取ることもできます(一部の商品を除く)。

ネットで注文するため店舗価格よりも安いネット価格で購入でき、店舗で受け取るので送料無料です。

サイクルメイトへの加入は、店舗で自転車を受け取る際に加入と支払いをします。

お店(店舗)で受け取れる商品かどうかは、サイクルベースあさひのそれぞれの「商品ページ」に書かれています。

なお、お店で受け取る場合は、支払い方法はクレジットカード払いのみです。

≫ 「ネットで注文、お店で受け取り」について|サイクルベースあさひ

≫ 全国のサイクルベースあさひのお店(店舗)はこちら

パーツの取り付け

自転車とパーツ(部品)を同時に購入すると、取り付け工賃無料で自転車にパーツを取り付けてもらえます(一部を除く)。

≫ パーツの取り付けについて|サイクルベースあさひ

防犯登録

自転車の注文と同時に防犯登録を購入することで、防犯登録ができます。

自転車を店舗で受け取る場合は、受け取るときにサイクルメイトに加入することで防犯登録を行います。

防犯登録は法律で義務付けられており、防犯登録によってその自転車の持ち主であることが証明されるので、盗難被害にあった場合に自転車が戻りやすくなります。

メンテナンス

自転車は乗り続けていると、点検や整備が必要になってきます。

そこで、おすすめなのが「TSマーク」です。

TSマークとは、自転車の整備士である自転車安全整備士が自転車を点検して、安全性が認められた自転車にのみ貼ることができるマーク(シール)のことです。TSマークは、安全な自転車の証明であり、傷害保険賠償責任保険が付いています。

傷害保険とは、TSマークを貼っている自転車に乗っている人が、事故で自分が怪我をして入院するか、重度後遺障害(重い障害)を受けるか、または死亡した場合に一定の金銭(給付金)が支払われる保険です。

賠償責任保険とは、TSマークを貼っている自転車に乗っている人が、事故で人にケガをさせて重度後遺障害(重い障害)を負わせたり、死亡させた場合に、一定のお金が支払われる保険です。

TSマークは「自転車安全整備店」で付けることができます。自転車安全整備店は多くの自転車屋や一部のホームセンターが認定されているので、全国にたくさんあります。なお、サイクルベースあさひも「自転車安全整備店」です。

≫ 全国の「自転車安全整備店」 一覧

TSマークに必要な費用(保険料)は1,000円〜1,500円ほどです。自転車の点検代がTSマークにかかる費用なので、店によって点検代が多少違います。

また、自転車に故障や激しい劣化があるとTSマークをつけることができないので、それらの部品を交換する必要があります。その場合は、部品代などが必要になります。

TSマークの有効期限は1年です。年に1回、TSマークを更新することで、自転車の定期点検ができますし、保険をかけることができるので安心です。

なお、TSマークをつけるには、防犯登録が必要です。

≫ TSマークについて|公益財団法人 日本交通管理技術協会

「サイクルベースあさひ」情報

  • 支払い方法、送料、配達、返品などについては、「サイクルベースあさひ」の商品ページの下のほうにもまとめて書かれています。
    それぞれのくわしい内容は、各ページをどうぞ。
    支払い・送料返品・交換
    ご注文の流れ

サイクルベースあさひ 楽天市場店
全国に400店舗以上ある自転車専門店です。




HOME11kg〜15kg(軽量15キログラム以下) > STRiDA EVO / STRiDA EVO Limited Edition 解説
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。