HOME豆知識(マメ知識) > 折りたたみ自転車を家で保管する方法

折りたたみ自転車を家で保管する方法

「駐輪場(自転車置き場)に自転車を置いておくといたずらされたり盗難に遭う」、「自宅に駐輪場がない、または少ない、狭い」、「自転車が雨風にさらされるのを防ぐため、室内保管したい」などの理由で自転車を家の中で保管したい人もいると思います。

このような理由で自転車を家の中で管理したいなら、できるだけ場所もとりたくないでしょう。

こういう場合は折りたたみ自転車が最適です

折りたたみ自転車はその名の通り、折りたためる自転車です。一般的には車のトランクに積んでおいたり、電車に持ち込んで到着した地で乗るなどの使い方をしますが、折りたたんで室内で保管することもできます。折りたたむことで小さくなるので、せまいスペースにも置く事ができます。

保管方法

室内に入れるには床に板かダンボールを敷くか、自転車を入れる専用の袋(輪行袋、輪行バッグ、キャリーバッグ)に折りたたみ自転車を入れて収納するのがいいでしょう。自転車を隠したり触れないようにするために、板などの上に折りたたんだ自転車を置いてその上にカバーをかぶせるというのもいいです。

また、おそらく壁際に置くことになると思うので、壁の傷と汚れを防ぐために壁にもシートやダンボールなどを貼っておくと傷を防げます。

関連ページ(amazon)

折りたたみ方法

折りたたみ自転車の折りたたみ方は、いくつかやり方があります。それぞれ利点と欠点があるので、保管場所や好みに応じて選びましょう。

また、折りたためる部分をすべて折りたたまなくても一部だけ折りたたむことで、大きさを調整するといったやり方もあります。

折りたたみ自転車の選び方のポイント

室内に保管することを考えると小さい自転車がいいので、タイヤが小さい方がいいですが、あまりタイヤが小さすぎると今度は段差などが走りにくくなります。バランスを考えて選びましょう。

室内に自転車を持ち込む際の注意点

なお、マンションやアパートなどの集合住宅では自転車を持ち込むこと自体がトラブルになりかねません。住人や、共用の階段やエレベーターを傷つけたり汚したりするかもしれないからです。迷惑にならないように十分に注意しましょう。なお、折りたたみ自転車を折りたたんで輪行袋にいれて一般の荷物のようにすると、おそらくトラブルは避けられるでしょう。


HOME豆知識(マメ知識) > 折りたたみ自転車を家で保管する方法