HOMEおすすめ製品カテゴリ > 軽量モデルの折りたたみ自転車:製品紹介

軽量モデルの折りたたみ自転車:製品紹介

折りたたみ自転車の重さは一般的に、6kg台から25kgくらいです。

ここでは、「超軽量な10kg以下(10kg台以下)」と「軽量な11kg〜15kg」のモデルを選びました。

さらに、それぞれ、「タイヤサイズ別」と「価格別」に分類しました。

10kg以下は、「タイヤが小さい超軽量モデル」と「高額なスポーツモデル」が多いです。軽さや、軽さとスピードを重視するなら、10kg以下のモデルがおすすめです。

11kg〜15kgは、「手頃な価格の街乗りモデル」や「スポーツモデル」が多いです。そこそこの軽さで、まあまあ安いモデルが欲しい方は、11kg〜15kgのモデルがおすすめです。

タイヤサイズの違い
タイヤが小さいほうが軽量でコンパクトになるので、持ち運びや収納に便利です。スピードは、タイヤが小さくてもギアが大きければ「ペダル1回転で進む距離」が長くなるので、普通の自転車のようなスピードを出すことができます。また、ペダルのこぎ出しが軽くなるので、止まったり走ったりすることが多い街乗りが得意です。街乗りモデルなら、ママチャリやそれ以上に速く走れるモデルはたくさんあります。ただし、タイヤが小さいとスピードの維持が苦手になります。ペダルをこぐのをやめると、スピードの落ち具合が大きくなります。タイヤが小さくても、タイヤや車輪の性能などが良ければ、街乗りモデルでもママチャリよりもスピードは出せますが、スポーツモデルの場合は、ロードバイク(本格的なスポーツ自転車)と比べるとスピードの維持が苦手になります。とはいえ、クロスバイク(スポーツ自転車)やそれ以上に速く走れるモデルがほとんどです。スポーツ自転車に収納性を優先したい場合は、小さいタイヤの折りたたみスポーツ自転車がいいでしょう。
 タイヤが大きいほうがタイヤの回転が止まりにくくなるので、スピードを出したり長距離を走ることが得意になります。特に、速いスピードで走るスポーツモデルで効果を発揮します。ただし、大きめで重めになります。収納性よりもスピードを重視するなら、大きいタイヤの折りたたみスポーツ自転車がいいでしょう。
 コンパクトさと走りのバランスが取れているのは、最も種類が多い 20インチ です。




HOMEおすすめ製品カテゴリ > 軽量モデルの折りたたみ自転車:製品紹介