HOMEおすすめ製品カテゴリ > 街乗りタイプの折りたたみ自転車:製品紹介

街乗りタイプの折りたたみ自転車:製品紹介

街乗りタイプの折りたたみ自転車です。

装備が、泥はねを防ぐ「泥よけ(フェンダー、マッドガード)」、ズボンの裾(すそ)の汚れなどを防ぐ「ギアカバー(チェーンガード)」、駐輪(駐車)するときに自転車が倒れないように支える「スタンド」を標準装備しているか、別売り品(オプションパーツ)として取り付けられる折りたたみ自転車です。

街乗りタイプの折りたたみ自転車を「価格」「重さ」「タイヤサイズ」で分類しました。

折りたたみ自転車は軽量化のために、ママチャリのような完全な街乗り装備をしたものは、まずありません。それでも、普段着のままで自転車に乗れる「街乗り」には、これらの装備があれば、まず問題ないでしょう。

タイヤサイズの違い
タイヤが小さいほうが軽量でコンパクトになるので、持ち運びや収納に便利です。スピードは、タイヤが小さくてもギアが大きければ「ペダル1回転で進む距離」が長くなるので、普通の自転車のようなスピードを出すことができます。また、ペダルのこぎ出しが軽くなるので、止まったり走ったりすることが多い街乗りが得意です。街乗りモデルなら、ママチャリやそれ以上に速く走れるモデルはたくさんあります。ただし、タイヤが小さいとスピードの維持が苦手になります。ペダルをこぐのをやめると、スピードの落ち具合が大きくなります。タイヤが小さくても、タイヤや車輪の性能などが良ければ、街乗りモデルでもママチャリよりもスピードは出せますが、スポーツモデルの場合は、ロードバイク(本格的なスポーツ自転車)と比べるとスピードの維持が苦手になります。とはいえ、クロスバイク(スポーツ自転車)やそれ以上に速く走れるモデルがほとんどです。スポーツ自転車に収納性を優先したい場合は、小さいタイヤの折りたたみスポーツ自転車がいいでしょう。
 タイヤが大きいほうがタイヤの回転が止まりにくくなるので、スピードを出したり長距離を走ることが得意になります。特に、速いスピードで走るスポーツモデルで効果を発揮します。ただし、大きめで重めになります。収納性よりもスピードを重視するなら、大きいタイヤの折りたたみスポーツ自転車がいいでしょう。
 コンパクトさと走りのバランスが取れているのは、最も種類が多い 20インチ です。

カゴに関しては、前かご装備の折りたたみ自転車はほとんどないので、後付けできるカゴやバッグであるリクセンカウルがおすすめです。下のほうでご紹介しています。


街乗りタイプ


あと付けカゴ

日常の使用に前カゴは便利ですが、カゴ付きの折りたたみ自転車はとても種類が少ないです。

そこで、後付けできて、強度も強い、カゴやバッグが便利です。「リクセンカウル」がおすすめです。

リクセンカウルのカゴやバッグの取り付け方は、おもに自転車の「ハンドル」、「ステム(ハンドルの下の棒)」、「シートポスト(イスの下の棒)」に器具(アタッチメント)を取り付けます。この器具にカゴやバッグをワンタッチで装着します。

強度は強く、積載重量(のせられる荷物の重さ)は、製品にもよりますが、2kg〜7kgなので、一般的な荷物を載せるには十分な強度があります。なお、2リットル入りペットボトルは 約2kg あります。


HOMEおすすめ製品カテゴリ > 街乗りタイプの折りたたみ自転車:製品紹介