HOME豆知識(マメ知識) > 折りたたみ自転車の適応身長は何センチ?

折りたたみ自転車の適応身長は何センチ?

折りたたみ自転車は16インチや20インチなど、タイヤが小さいものが多いため、身長が高い人でも乗れるか心配になるかもしれません。

しかし、自転車の適正身長はタイヤの大きさで決まるのではなく、フレーム(骨組み)の大きさで決まります。

タイヤが小さい自転車でも、「フレーム」「ハンドル」「サドル(イス)」の大きさ(長さ)や角度によっては、背が高い人でもちゃんと乗ることができます。

そのため、195cmまでを適正身長の範囲内としている折りたたみ自転車もあります。

自転車の適正身長

そもそも折りたたみ自転車に限らず、自転車は適正身長の上限(最高身長)を明記していないことが多いです。

これは、身長がだいたい150cm〜185cmくらいまでなら、ハンドルとサドル(イス)の高さを調節するだけで適切に乗れることが多く、身長が185cm以上の人は日本人全体の中で、1%ほどしかいないことが理由だと思います。

このことから、自転車の適正身長の上限(最高身長)を明記していないのだと思います。

ハンドルとサドルを調節する程度で、背が低い人も高い人もさほど大きな違いがなく乗ることができます。

なお、本格的なスポーツ自転車の場合は、体の能力を100%発揮できるように、身長に適したフレームのサイズがいくつかあります。さらにハンドルやサドル(イス)の位置や角度も、身長や手足の長さに合わせて微調整します。

本格的なスポーツ自転車でなければ、身長に合わせてそこまで細かく調節をする必要がないので、基本的にフレームサイズはひとつしかなく、あとはハンドルとサドルの高さで調節するわけです。

折りたたみ自転車の適正身長

折りたたみ自転車も基本的には同じで、18インチや20インチなどのタイヤが小さいモデルでも、多くのメーカー(ブランド)や車種が、適正身長を「140cm以上」や「150cm以上」としています。

ですので折りたたみ自転車も、身長が低い人はもちろん、170cmくらいの身長の人でも乗ることができます。

しかし、折りたたみ自転車によっては、だいたい170cm以上の長身の人が乗ると、窮屈な乗り心地に感じることもあります。

これは、折りたたみ自転車は持ち運ぶという特性上、軽量でコンパクトなことが求められるので、フレームの作りが小さいことがあるからです。

このような、フレームのつくりが小さいモデルは、適正身長を「○○cm以上」と表示して、上限(最高身長)を明記していない折りたたみ自転車に多いです。

このようなモデルでも、身長が170cmくらいまでなら、無理なく乗れる人が多いようです。

しかし、身長がだいたい175cm以上の人は、このようなフレームの造りが小さいモデルだと、乗ったときに窮屈に感じる人もいるようです。

ですので、だいたい身長が175cm以上の人は「○○cm〜○○cm」と最高身長まで明記しているモデルを選ぶといいでしょう。

このような最高身長まで明記しているモデルは、「DAHON(ダホン)」と「tern(ターン)」というブランドにあります。どちらも折りたたみ自転車専門のブランドです。

どちらのブランドも、身長が180cm台、190cm台でも推奨身長の範囲内にあるモデルばかりです。

「ダホン」も「ターン」もアメリカを中心にしたブランドで、世界展開をしていて、日本人より体格が大きな人を想定して製造しています。

「ダホン」も「ターン」も、サドル(イス)だけでなくハンドルの高さ調節もできるモデルが多く、身長や体格に合わせて調節することができます。また、体が起きた姿勢(アップライト)や前傾姿勢(前かがみ)など、状況や好みに合わせて乗車姿勢を変えることもできます。

「DAHON(ダホン)」も「tern(ターン)」も、手頃な価格から高額なもの、街乗りタイプからスポーツタイプまで、多くの車種がそろっているので幅広く選ぶことができます。


サドル(イス)の高さ

なお、自転車の適正身長の範囲内に自分の身長が入っていたとしても、サドルの高さも適正範囲内とは限りません。

身長が高い方や、脚が長い方の場合は、サドルの高さをいちばん高くしてもサドルが低いこともあります。

自転車は、サドルの高さによって乗り心地が変わります。

サドルの位置が低いとペダルをこぐときに力が入りにくくなり、疲れやすくなります。

サドルの位置が適度に高いとペダルをこぐときに力が入りやすくなり、疲れにくくなります。

なお、サドルの適切な高さは、「足が地面にベタッと着く」か、「つま先が地面に着く程度」が適切な高さです。

あとは、通勤やサイクリング、長距離のツーリングなど、自転車に乗るときの状況や、自分の好みに合わせて調節しましょう。

「DAHON(ダホン)」も「tern(ターン)」も、サドルからペダルまでの長さ(高さ)を明記しています。

公式サイトの「Saddle to Pedal(サドル トゥ ペダル)」と書かれている項目がそれです。「Min」が最も低く、「Max」が最も高い距離です。

身長が高く脚も長い方は、念のためサドルの高さが自分の好みの高さになるか、あらかじめ自分の股下(またした)を測った上で、公式サイトで確認しておくといいでしょう。

とはいえ、「ダホン」も「ターン」もどちらもサドルの高さはかなり高く調節できるので、まず問題ないと思います。

サドルは交換できる

なお、自転車の「サドル(イス)」や、「サドルを支えている棒状のパーツ(シートポスト、シートピラー)」は、サイズが合えば交換することができます。

ネットで自転車を購入する場合、もしも標準のサドルだと低いときは、自転車の注文時に「サドルから地面までの距離が〇〇cmになるように、長いシートポストに交換してほしい」ことを記入すると、適合するシートポスト(サドルを支える棒状のパーツ)があれば取り付けてもらえる可能性があります。

この際「価格は一番安いもの」や「〇〇円以内」など、シートポスト(サドルを支える棒状のパーツ)の価格面の条件も付けましょう。そして、代わりのシートポストがない場合は「自転車の購入をするのか」、それとも「購入をやめるのか」も明記しましょう。もちろん、シートポストを交換する場合は、自転車の代金のほかにシートポストの代金も支払うことになります。なお、ネットショップによっては、パーツの取り付けサービスをおこなっていない所もあります。

また、すでに持っている自転車のサドルが低く、さらに自分で取り付けができない場合は、自転車屋に自転車を持って行って「もっと長いサドルに交換してほしい」ことを伝えると、適合するパーツがあれば交換してもらえるはずです。もちろんパーツの代金が必要ですし、工賃(取り付け料金)も必要になるかもしれません。なお、ホームセンターよりも自転車屋(自転車専門店)のほうが取り付けてもらえる可能性は高いです。


HOME豆知識(マメ知識) > 折りたたみ自転車の適応身長は何センチ?