HOMEおすすめの折りたたみ自転車 > 電車への持ち込みにおすすめの軽量コンパクトな折りたたみ自転車

電車への持ち込みにおすすめの軽量コンパクトな折りたたみ自転車

折りたたみ自転車を電車に持ち込み、目的地まで移動して到着先でサイクリングする

といった楽しみ方ができるのも折りたたみ自転車の特長です。

このように自転車を公共交通機関(鉄道、バス、船、飛行機など)に持込んで移動することを「輪行(りんこう)」といいます。輪行をするときには、「折りたたみ自転車を折りたたんで専用のキャリーバッグである輪行袋に入れる」など、いくつか守るべきルールがあります。

電車やバスなどは「通勤や帰宅などのラッシュ時には自転車を持ち込めない」という規則があります。また、「自転車の持ち込みには別途料金が必要な鉄道会社(バス会社)もある」、「自転車の持ち込み自体を禁止している会社もある」などの例外もあるので、注意が必要です。

輪行は、「遠い場所まで電車などで行ってから自転車に乗る」、「気の向くままにサイクリングをして、帰りは公共交通機関で帰宅する」といった楽しみ方ができます。また、「旅行に折りたたみ自転車を持って行き、旅先で自転車に乗る」といったことも楽しむことができます。輪行はその土地の公共交通機関を利用して、行きたいところまで移動できるという自由度が高くて楽しい移動手段です。

自転車は、自転車に乗っているときと違い、折りたたんで電車に持ち込む際には「荷物」になります。荷物はできるだけコンパクトで軽いにこしたことはありません。

自転車は乗り物なので、ある程度の大きさと重さは必要で仕方がないことですが、できるだけ軽量コンパクトな折りたたみ自転車が良いという方もいるかもしれません。

極小径車(タイヤが10インチ以下)

軽量コンパクトな折りたたみ自転車といえば、超小型のタイヤを使用した極小径車(ごくしょうけいしゃ)が一番です。一般的にタイヤサイズが10インチ以下の自転車を極小径車といいますが、極小径車はタイヤがとても小さいこともあり折りたたんだ状態がとても小さく、さらに重さもとても軽量です(6kg台〜8kg台)。

折りたたみ時の大きさは、縦・横・奥行きの長さがメーカーや車種によってまちまちなので、一概にどれが最小なのかは決めにくいですが、極小径車の折りたたみ自転車は最小最軽量だと言っていいと思います。

ただし、極小径車はあまりにもタイヤが小さいため、段差が苦手です。10インチ以下のタイヤでは4cm以上の段差は越えられないとされています。車道から歩道に上がる際などは、かなり注意が必要です。

他にも、タイヤがここまで小さいと、路面からのショックを吸収する量が少ないため、乗り心地が硬くなります。

極小径車は、段差がない平らな道をのんびりと走ることに適しています。

Panasonic Traincle(パナソニック トレンクル)

パナソニックとJR東日本が共同開発した、駅のコインロッカーに入ることをうたい文句とした(実際には大型のコインロッカーでないと入らないようです)パナソニックのトレンクルシリーズは、とても軽量で折りたたんだ状態が相当コンパクトです。

高額で変速機もありませんが、タイヤは14インチで普通にペダルをこぐとママチャリ程度のスピードしか出ないようですが、10インチ以下の折りたたみ自転車を除くと、最軽量といわれているほど超軽量です(6kg台〜7kg台)。

10kg前後

「荷物」としての折りたたみ自転車は軽いに越したことはありませんが、上記のように超軽量の折りたたみ自転車は、価格がとても高いか、走行性能の面で不便な点があります。

自転車は乗り物なので、ある程度は仕方ありませんが、価格をもっと安く、走行性能はもっと良くしたいという方もいると思います。実際そのような折りたたみ自転車はありますが、重量は重くなります。

折りたたみ自転車の重さは11kg〜15kgがほとんどです。10kg台や10kgを切るものもありますが、それらの多くがスポーツタイプで走行性能は高いですが、価格も高いです。

用途や価格の面で、好みにあったものを選ぶといいと思います。

小型の車輪(キャスター、ローラー)で転がす

折りたたみ自転車を電車に乗せる(載せる)場合、都会の駅だと駅の構内が広く、自転車を持って結構な距離を持ち歩くことになります。

最軽量の折りたたみ自転車は6kg〜7kg程度です。普通のママチャリが20kg弱なので、これでもかなり軽いのですが、持ち歩くとなるとそれなりにしんどいと感じるかもしれません。

また、最軽量の折りたたみ自転車は、あまり走行性能が良くないのでもっと走行性能がいいものにした場合、重さは10kg以上になります。

10kg以上の荷物を持ち歩くのは、つらいと感じる方が多いと思います。

折りたたみ自転車を持って電車に乗る場合は、スーツケースのように転がして持ち運べる折りたたみ自転車を使用すると、とても楽になります。

普通の折りたたんだ自転車をタイヤで転がすとペダルも一緒に回転したり、ブレーキが利いた状態になったりしてうまく転がりません。仮に転がったとしても、パーツを傷つける恐れがあります。

折りたたんだ自転車を転がすには、ブロンプトンやBD-1などキャスターを取り付けられるものか、A-bikeやストライダなどのように折りたたんだ状態でタイヤで転がせる構造になっているものでなければいけません。

また、キャスターを取り付けることができるものでも、初めからキャスターがついているものと、オプション(別売り品)として別途購入して取り付けるものもあります。

まとめ

電車に折りたたみ自転車を持ち込むことを考えると、超軽量で超コンパクトなものがベストですが、あまりに小さいと今度は走りにくくなります。そこで発想を変えて、折りたたみ自転車を持ち上げるのではなく転がして運べば、それほど軽くなくても移動が楽になります。とはいえ移動中は、階段など持ち上げなくてはいけない場面もあるかもしれないので、あまり重いのも考え物です。

走行性能と持ち運ぶことを考慮すると、重さは12kgくらいまでがいいと思います。

自転車を電車に持ち込む鉄道輪行に最適な折りたたみ自転車は、利用する人の体力や走りに対する好み、またはサイクリング目的なのか、通勤用や通学用なのかなどがまちまちなので、一概にどの折りたたみ自転車が最適とはいいがたいものです。ここまでのことを参考に、総合的に判断するのがいいと思います。

多くの電車は、鉄道会社のルールを守れば折りたたみ自転車を持って電車に乗れることがほとんどなので、ぜひ自分に合った折りたたみ自転車で輪行を楽しんでみてください。




HOMEおすすめの折りたたみ自転車 > 電車への持ち込みにおすすめの軽量コンパクトな折りたたみ自転車
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。