HOMERIXEN&KAUL(リクセンカウル)>KLICKfix(クリックフィックス) > リクセンカウル KLICKfix パッドバッグ KF884 解説

リクセンカウル KLICKfix パッドバッグ KF884 解説

リクセンカウル KLICKfix パッドバッグ KF884 ブラック(黒)

リクセンカウル KLICKfix パッドバッグ KF884 グレー リクセンカウル KLICKfix パッドバッグ KF884 開いた状態 リクセンカウル KLICKfix パッドバッグ KF884 タブレットケース使用例 リクセンカウル KLICKfix パッドバッグ KF884 取り付け(装着)部分 リクセンカウル KLICKfix パッドバッグ KF884 使用例

  • タブレットケースとバッグが一体化した「パッドバッグ」。
  • バッグをハンドルに装着した状態でタブレットケース部分だけを開いて自分のほうに向けて、タブレットPCを見ることもできます。タブレットケース部分をステム(ハンドルを支えている棒)にベルクロストラップ(マジックテープ)で固定します。タブレットPC以外にも、地図や自転車用カーナビ(自転車ナビ)などを入れておくと便利です。
  • レインカバー(防水カバー)付き。
  • 色は、仕事にも遊びにも最適なグレーです。落ち着いたグレーなので、様々な状況に適しています。
  • 「ハンドル」、「ステム(ハンドルの下の棒)」、「シートポスト(イスの下の棒)」のどこかに、アタッチメントを取り付けます。そのアタッチメントにバッグをワンタッチで装着します。

容量 5.5L サイズ W31.5xH23xD8cm
重さ 800g ブラック、グレー
積載重量 2kg アタッチメント 付属(KF810)

対応アタッチメント

アタッチメントは「KF810(一般的なハンドル用)」が付属しています。

バッグを自転車のハンドル部分に取り付けて、さらに、使用する自転車のハンドルが一般的な太さ(直径23mm〜26mm)の場合は、付属のアタッチメントが使えます。

それ以外の場所に取り付けたり、ハンドルの太さが違う場合は、別にアタッチメントを購入する必要があります。

以下が対応アタッチメントです。

ハンドル用

  • フロントアタッチメント KF810
    一般的な太さのハンドル用。細いハンドルには別の器具を使用。積載重量(のせられる荷物の重さ。耐荷重)7kg。 ブレーキワイヤーが邪魔でカゴやバッグが装着しづらい場合は、延長器具が利用できます。 ハンドル周辺にライトやGPSなどを取り付けたい場合は、ホルダーが利用できます。
  • フロントアタッチメント KF830
    カギ付き。一般的な太さのハンドル用。積載重量7kg。 ブレーキワイヤーが邪魔でカゴやバッグが装着しづらい場合は、延長器具が利用できます。 ハンドル周辺にライトやGPSなどを取り付けたい場合は、ホルダーが利用できます。
  • フロントアタッチメント KF852
    太いハンドル用(直径31.8mm)。積載重量7kg。 ブレーキワイヤーが邪魔でカゴやバッグが装着しづらい場合は、延長器具が利用できます。 ハンドル周辺にライトやGPSなどを取り付けたい場合は、ホルダーが利用できます。

ステム(ハンドルの下の垂直方向の棒)用

  • キャディー KR851
    「小径車(タイヤが小さな自転車、ミニベロ)」専用。積載重量7kg。 ステムにもシートポストにも使える。重心が低くなり安定しやすい。ハンドルライトの邪魔をしにくい。
  • ヴォーバウ KR810
    積載重量5kg。重心が低くなり安定しやすい。 長いからブレーキワイヤーが邪魔になりにくい。向きを変えて取り付けできる。

シートポスト(イスの下の棒)用

  • エクステンダー CK810
    リュックも装着できる。積載重量5kg。シートポストに取り付けるため、ハンドル操作に影響がありません。 カゴやバッグがタイヤやお尻に当たる場合は、延長器具が利用できます。

取り付け方法(使い方)

「リクセンカウル(クリックフィックス)」のカゴやバッグなどを自転車に取り付けるには、自転車の「ハンドル」や「シートポスト(イスの下の棒)」などに、対応している「アタッチメント(接続器具、アダプター)」を取り付けて、そこにカゴやバッグなどを装着して使用します。

アタッチメントによって、ハンドル付近やシートポスト(イスの下の棒)など、取り付けられる場所が違います。

カゴやバッグなどによって、対応しているアタッチメントが違います。

自転車にアタッチメントを取り付ける際は、比較的簡単に、工具を使って取り付けられます。アタッチメントにカゴやバッグなどを装着する際は、工具不要です。つまり、一度アタッチメントを自転車に取り付けてしまえば、カゴやバッグなどの取り付けと取り外しが、ワンタッチで簡単にできるようになります。




HOMERIXEN&KAUL(リクセンカウル)>KLICKfix(クリックフィックス) > リクセンカウル KLICKfix パッドバッグ KF884 解説
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。