HOME折りたたみ自転車の選び方・比較・おすすめ > メーカー・ブランドの選び方:折りたたみ自転車

メーカー・ブランドの選び方:折りたたみ自転車

短距離のチョイ乗りに適したモデルから、長距離の高速走行に適したスポーツモデルまで、いろいろな種類がある折りたたみ自転車。

これを「性能」と「価格帯」で、ブランドごとに分類しました。

外車ブランド(安さを重視)

外車ブランドとは、ルノーやシボレーなど海外の車のブランドが付いた折りたたみ自転車のことです。

価格が安いモデルが多いですが、街乗りやチョイ乗りには十分な走行性能を持っています。「街乗りやチョイ乗りを目的としていて、できるだけ値段が安いモデルが欲しい」という方におすすめです。

ブリヂストン・パナソニック(安くて走りがいい)

日本の自転車メーカー、「ブリヂストン」と「パナソニック」の折りたたみ自転車です。

外車ブランドと同じくらいの価格帯なのに、性能は高いです。外車ブランドは、外車ブランドの使用料(ロイヤリティ、ライセンス料)が自転車の価格に上乗せされます。その分「自転車の価格が少し高くなる」か、「自転車の性能が少し低くなります」。外車ブランドではない自転車には、もちろん外車ブランドの使用料がかかりません。

ブリヂストンもパナソニックも、品質は良く、価格も比較的安いです。

フレームの強度が強いので、安全性が高いことはもちろん、ペダルをこぐ力を効率的に伝えるので、軽快に走ることができます。

「手頃な値段で、質も重視したい」という方におすすめです。

ダホン・ターン(走りを重視)

海外の折りたたみ自転車メーカーです。「ダホン」はアメリカ、「ターン」はアメリカ・ヨーロッパ・アジアの各国に拠点を置いているメーカーです。

どちらのメーカーも、フレームの強度が強いので、安全性が高いことはもちろん、ペダルをこぐ力を効率的に伝えるので、軽快に走ることができます。

どちらも走行性能が高く、スピードを出しやすくなっています。ママチャリ以上のスピードで走れるモデルや、スポーツ自転車並みに速く走れるモデルがあります。

街乗りタイプやスポーツタイプなど、種類も豊富です。

身長の適正範囲が広いので、身長が高い人から低い人まで乗ることができます。

ブリヂストンやパナソニックの折りたたみ自転車よりも、走行性能は高いです。「値段が高くても、走りを重視したい」という方におすすめです。

ダホンとターンの違いですが、質の違いはほとんどないと言っていいでしょう。しいて言えば「ターン」は、フレームが「ねじれ」に強くなっています。「ねじれ」とは、自転車はペダルをこぐとフレームにねじれるような力が加わります。この「ねじれ」をしっかりと受け止めて、後輪へ伝えることで、「ペダルをこぐ力」を最大限に「走り」に変えることができます。これにより、より速く軽快に走ることができるので、よりスポーツ性を求めるなら「ターン」のほうがいいかもしれません。

ストライダ(個性を重視)

1987年にイギリスで作られた折りたたみ自転車です。三角形の「トライアングルフレーム」と、「簡単に折りたためること」、チェーンと違ってメンテナンス不要で触れても汚れないで、走りもスムーズになる「ベルト駆動」が特徴です。

タイヤが小さくても大きなギアを使用し、「ペダル1回転で進む距離」が長いので、普通の自転車のように進みます。

しかし、ハンドル位置が高く体が起きた姿勢になり、ペダルの位置が前の方にあります。その分、乗車姿勢は楽になりますが、ペダルに力を入れにくい姿勢になります。このため、スピードを出すことにあまり向いていません。スピードは、ママチャリと同じくらいか、それより遅めになるでしょう。のんびりと走ることに適しています。普通の自転車とは違う、独特の乗り心地が魅力です。

折りたたみサイズは長方形(横長)のようになります。横長になるので、一つの辺は長めになりますが、幅(奥行き)は薄くなります。

価格は高いですが、そんなに速く走れるわけではないストライダ。最大の魅力は、簡単に折りたためて、折りたたみ状態でタイヤを使ってスーツケースのように転がして移動できるので、持ち運びや輪行(りんこう)に適していることです。輪行とは、電車やバスなどの公共交通機関に、自転車を持ち込んで移動することです。ストライダは輪行や、車で移動することに適しています。


HOME折りたたみ自転車の選び方・比較・おすすめ > メーカー・ブランドの選び方:折りたたみ自転車