HOME > おすすめ製品カテゴリ

おすすめ製品カテゴリ

18インチは軽量コンパクトで走りもいい!折りたたみ自転車

18インチモデルは、軽量コンパクトでありながら、走りにも重点を置いたモデルが多いです。

軽量コンパクトで、走りもいい折りたたみ自転車が欲しい方におすすめです。

18インチを「メーカー(ブランド)別」に分類しました。

なお、どんな大きさのタイヤを選べばいいのか分からないという方は、タイヤサイズの選び方を参考にしてください。


16インチは軽量コンパクトでおすすめ!折りたたみ自転車

16インチモデルは、軽量コンパクトでありながら、走りにも重点を置いたモデルが多いです。

軽量コンパクトを重視しながらも、走りも犠牲(ぎせい)にしたくないという方におすすめです。

16インチモデルを「メーカー(ブランド)別」に分類しました。

なお、どんな大きさのタイヤを選べばいいのか分からないという方は、タイヤサイズの選び方を参考にしてください。


14インチは軽量コンパクトでおすすめ!折りたたみ自転車

折りたたみ自転車に、軽さとコンパクト性を求めるなら、タイヤは小さいほうがいいです。

しかし、自転車である以上、あまりにもタイヤが小さいと走りにくくなってしまいます。

14インチは、「軽量コンパクト」と「走り」を両立している一番小さなタイヤサイズだと思うので、折りたたみ自転車に「持ち運び(携帯性)」を重視したい方におすすめです。

14インチモデルを、「メーカー(ブランド)別」に分類しました。

なお、どんな大きさのタイヤを選べばいいのか分からないという方は、タイヤサイズの選び方を参考にしてください。


20インチ・軽量コンパクト・カゴ付き・おすすめ折りたたみ自転車

「“走り” と “コンパクト性” の両立」という点で、折りたたみ自転車で最も多いタイヤサイズが20インチです。

20インチ・前カゴ付きのモデル」を選びました。また、カゴ付きモデルはとても少ないので、メーカーからオプションパーツ(別売り品)としてカゴが用意されているモデルも含めました。

さらに、あと付けできて強度も強い、「リクセンカウル」のカゴとバッグもご紹介しています。


20インチは軽量コンパクトと走りのバランスでおすすめ!折りたたみ自転車

「“走り” と “軽量コンパクト” の両立」ということから、折りたたみ自転車で最も多いタイヤサイズが20インチです。

20インチの中でも、軽量なモデル(10kg以下・11kg〜15kg)を選びました。20インチ軽量モデルを「メーカー別」に分類しました。

なお、「20インチ・10kg以下」はとても価格が高い(10万円以上)です。「20インチ・11kg〜15kg」は値段が手頃です。

なお、どんな大きさのタイヤを選べばいいのか分からないという方は、タイヤサイズの選び方を参考にしてください。


街乗りタイプの折りたたみ自転車:製品紹介

街乗りタイプの折りたたみ自転車です。

装備が、泥はねを防ぐ「泥よけ(フェンダー、マッドガード)」、ズボンの裾(すそ)の汚れなどを防ぐ「ギアカバー(チェーンガード)」、駐輪(駐車)するときに自転車が倒れないように支える「スタンド」を標準装備しているか、別売り品(オプションパーツ)として取り付けられる折りたたみ自転車です。

街乗りタイプの折りたたみ自転車を「価格」「重さ」「タイヤサイズ」で分類しました。

折りたたみ自転車は軽量化のために、ママチャリのような完全な街乗り装備をしたものは、まずありません。それでも、普段着のままで自転車に乗れる「街乗り」には、これらの装備があれば、まず問題ないでしょう。

タイヤサイズの違い
タイヤが小さいほうが軽量でコンパクトになるので、持ち運びや収納に便利です。スピードは、タイヤが小さくてもギアが大きければ「ペダル1回転で進む距離」が長くなるので、普通の自転車のようなスピードを出すことができます。また、ペダルのこぎ出しが軽くなるので、止まったり走ったりすることが多い街乗りが得意です。街乗りモデルなら、ママチャリやそれ以上に速く走れるモデルはたくさんあります。ただし、タイヤが小さいとスピードの維持が苦手になります。ペダルをこぐのをやめると、スピードの落ち具合が大きくなります。タイヤが小さくても、タイヤや車輪の性能などが良ければ、街乗りモデルでもママチャリよりもスピードは出せますが、スポーツモデルの場合は、ロードバイク(本格的なスポーツ自転車)と比べるとスピードの維持が苦手になります。とはいえ、クロスバイク(スポーツ自転車)やそれ以上に速く走れるモデルがほとんどです。スポーツ自転車に収納性を優先したい場合は、小さいタイヤの折りたたみスポーツ自転車がいいでしょう。
 タイヤが大きいほうがタイヤの回転が止まりにくくなるので、スピードを出したり長距離を走ることが得意になります。特に、速いスピードで走るスポーツモデルで効果を発揮します。ただし、大きめで重めになります。収納性よりもスピードを重視するなら、大きいタイヤの折りたたみスポーツ自転車がいいでしょう。
 コンパクトさと走りのバランスが取れているのは、最も種類が多い 20インチ です。

カゴに関しては、前かご装備の折りたたみ自転車はほとんどないので、後付けできるカゴやバッグであるリクセンカウルがおすすめです。下のほうでご紹介しています。


スポーツタイプの折りたたみ自転車:製品紹介

速いスピードで走れる、スポーツタイプの折りたたみ自転車です。

スピード別に分類して、さらにタイヤサイズや価格別に分類しました。


軽量モデルの折りたたみ自転車:製品紹介

折りたたみ自転車の重さは一般的に、6kg台から25kgくらいです。

ここでは、「超軽量な10kg以下(10kg台以下)」と「軽量な11kg〜15kg」のモデルを選びました。

さらに、それぞれ、「タイヤサイズ別」と「価格別」に分類しました。

10kg以下は、「タイヤが小さい超軽量モデル」と「高額なスポーツモデル」が多いです。軽さや、軽さとスピードを重視するなら、10kg以下のモデルがおすすめです。

11kg〜15kgは、「手頃な価格の街乗りモデル」や「スポーツモデル」が多いです。そこそこの軽さで、まあまあ安いモデルが欲しい方は、11kg〜15kgのモデルがおすすめです。

タイヤサイズの違い
タイヤが小さいほうが軽量でコンパクトになるので、持ち運びや収納に便利です。スピードは、タイヤが小さくてもギアが大きければ「ペダル1回転で進む距離」が長くなるので、普通の自転車のようなスピードを出すことができます。また、ペダルのこぎ出しが軽くなるので、止まったり走ったりすることが多い街乗りが得意です。街乗りモデルなら、ママチャリやそれ以上に速く走れるモデルはたくさんあります。ただし、タイヤが小さいとスピードの維持が苦手になります。ペダルをこぐのをやめると、スピードの落ち具合が大きくなります。タイヤが小さくても、タイヤや車輪の性能などが良ければ、街乗りモデルでもママチャリよりもスピードは出せますが、スポーツモデルの場合は、ロードバイク(本格的なスポーツ自転車)と比べるとスピードの維持が苦手になります。とはいえ、クロスバイク(スポーツ自転車)やそれ以上に速く走れるモデルがほとんどです。スポーツ自転車に収納性を優先したい場合は、小さいタイヤの折りたたみスポーツ自転車がいいでしょう。
 タイヤが大きいほうがタイヤの回転が止まりにくくなるので、スピードを出したり長距離を走ることが得意になります。特に、速いスピードで走るスポーツモデルで効果を発揮します。ただし、大きめで重めになります。収納性よりもスピードを重視するなら、大きいタイヤの折りたたみスポーツ自転車がいいでしょう。
 コンパクトさと走りのバランスが取れているのは、最も種類が多い 20インチ です。



高級折りたたみ自転車:製品紹介

価格が10万円以上する、高級折りたたみ自転車です。

多くはスポーツタイプの折りたたみ自転車ですが、なかには、街乗りタイプとして快適性と走行性能の両方を高めているモデルもあります。


重さで探す:折りたたみ自転車

10kg以下(超軽量)
とても軽いです。乗ることはもちろん、折りたたんで持ち運ぶことにも最適な軽さです。
おもな車種としては、「手頃な価格の街乗りモデル」や、「スピードが出る本格的なスポーツ自転車」、「タイヤがとても小さい持ち運び重視のモデル」などがあります。
価格は数万円台のものから数十万円のものまでと、全体的に高額になっています。

メーカー・ブランド一覧:折りたたみ自転車

街乗りタイプ、ライトスポーツモデル、26インチのクロスバイクなどがあります。


街乗りタイプ、ライトスポーツモデル、超軽量コンパクトモデルがあります。