HOME > 特徴(長所と短所)

特徴(長所と短所)

超軽量 折りたたみ自転車の特徴(長所と短所)

一般的な折りたたみ自転車は、軽量なものでも10kg〜12kgくらいですが、それよりも軽い超軽量の折りたたみ自転車には、主に以下のいずれか(または複数)の特徴があります。それぞれ軽量化のメリット(利点)がある一方で、走行性や価格、使い勝手にはデメリット(欠点)にもなります。

  • タイヤが小さい
  • 変速機がない
  • 軽量なパーツを使用
  • 装備が少ない

タイヤが小さい自転車の長所と短所(ミニベロの特徴)

折りたたみ自転車は、折りたたんだときに小さくするために、小さなタイヤが使われることが多いです。大きなタイヤの折りたたみ自転車に比べるとタイヤが小さい方が折りたたんだときにコンパクトになる傾向にあります。

タイヤが小さな自転車を「ミニベロ」、「小径車(しょうけいしゃ)」、「小径自転車」などといいます。ミニベロはタイヤのサイズ(直径)が20インチ以下の自転車をいうことが多いですが、24インチ以下のものも含まれることがあり、厳密な規定はありません。


折りたたみ自転車のメリットとデメリットと注意点

折りたたみ自転車を街なかでよく見かけるようになりました。

折りたたみ自転車は折りたためることに加えて、コンパクトにできているものが多く、ママチャリなどの一般的な自転車とは見た感じも機能も違うため、人気があるのだと思います。

しかし、折りたたみ自転車の事をきちんと理解していないと、折りたたみ自転車を十分に楽しめないかもしれません。折りたたみ自転車の特徴を把握して、フル活用してください。